top of page
検索

【プレスリリース】2024.05.24 機能性反強磁性体ナノ細線の磁気イメージング ―簡易的・高空間分解能の新手法を用いて―

東京大学物性研究所の一色弘成助教・大谷義近教授(理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダー兼任)らの研究グループとの共同研究成果がPhysical Review Letters誌に出版され、プレスリリースを行いました。

反強磁性体Mn3Snのナノ細線に熱流を注入し、磁気イメージングを行うことに成功しました。


当研究室からは上杉さん(学振PD)、肥後さん(特任准教授)、中辻教授が参画しています。


H. Isshiki, N. Budai, A. Kobayashi, R. Uesugi, T. Higo, S. Nakatsuji, Y. Otani

"Observation of cluster magnetic octupole domains in the antiferromagnetic Weyl semimetal Mn3Sn nanowire"


(図はプレスリリースのページ (https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/news2.html?pid=23008) より引用。)

Kommentare


bottom of page