検索

【プレスリリース】トポロジカル反強磁性体において電気的に読み書き可能な信号の増強に成功

最終更新: 4月18日

東京大学・理化学研究所との共同研究がSmall Scienceに掲載され、プレスリリース(「トポロジカル反強磁性体において電気的に読み書き可能な信号の増強に成功―超高速駆動する不揮発性メモリ素子の開発へ道筋―東京大学理学系研究科)をおこないました。

また、日刊工業新聞電子版に掲載されました。